お知らせ

News

2018.08.24

脳内婚活やめませんか

お見合いをして、折角交際がスタートしたのにメールもデートのしない、

仕事が忙しくバタバタしているって言っている人は中々成婚に至らず

婚活期間が長くなり婚活疲れに陥る傾向にあるようです

 

結婚を決めていく人とは、“動く人”

 

交際になっても、積極的に連絡を入れたり、会ったりしない方たちは、

結局はダラダラと婚活を続けていくことになるようです。

 

交際から、もう1カ月近くたつのに一度も会えていない。

 

連絡もファーストコールだけ。

その時に、「仕事が忙しいので来月に入ったら連絡します」

そのことだけで電話は終了、

 

結婚相談所でのお見合いは、交際が成立すると、初めて仲人を通じてお互いの連絡先を交換します。

そして、その日か翌日の午後9時に男性が女性にファーストコールをするというのが通例です。

 

お見合いからもう2カ月です。

これでお会いしても、結婚まで進むとは思えません。

 

一度もお会いしてなくて交際終了を希望された場合は、お相手の同意が必要です。

お相手の同意が得られず、キャンセルする場合、キャンセル料をお支払いしなくてはなりません。

 

仕事が忙しくてバタバタしていてお会いできなかっただけで今後はお会いしたい・・・とのお返事

 

大昔のように飛脚で連絡を取り合うわけではないのに、

どんなに仕事が忙しくてもメールの一本は入れらるはず。

 

この「バタバタ」という言葉は、とてもクセモノ。

仕事や身の回りが忙しいことをお知らせする時によく使われるのですが、

大して忙しくなくても、「バタバタ」という言葉を使うと、とても忙しい感じに伝わります。

お見合いの後交際になっても、連絡を密に入れてこない方が男性も女性もとても多いのです。

その理由のほとんどが「仕事が忙しい」です。

 

「仕事が忙しいので、落ち着いたら連絡を入れます」というのは、あまりにも自分勝手な理由

お相手も仕事をしているのです。

時間をどう管理していくかは、その方次第です。

 

「仕事が忙しいから、落ち着いたら会いたい」と言っている人たち、

「自分は婚活をしている」という意識があることです。

相談所に登録していれば、いつでも婚活できる状態にありますから、

実際は行動を起こしていないのに、「脳内婚活」をしている人がとても多い。

 

メリハリをつけて活動をしていくことが、婚活疲れを防ぐ方法です。

京都南部(精華町・木津川市・京田辺市・城陽市)

奈良(奈良市、生駒市、生駒郡・大和郡山市、天理市)

に近い結婚相談所です。

京都市内や遠方からもご相談に来られます。

大阪・兵庫・奈良 結婚相談 仲人業をしています。

デュースマリアージュの菅原です。

 

 

 

2021年度下半期全国結婚事業者連盟成婚優秀賞受賞
2021年度下期IBJ ARWARDに当社が選ばれました
2021年度全国結婚事業者連盟成婚優秀賞ゴールド賞
Preamium部門
2021年殿堂入り全国結婚事業者連盟成婚優秀賞
IBJ

お問合せ

Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問合せ下さい。

このサイトは情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています

まずはお気軽にご連絡ください

0774-66-1511

〒619-0231
京都府相楽郡精華町山田 下川原1-1
ドリームタナカ101号室